日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:佐藤ただし議員
佐藤ただし議員

C2大型輸送機の入間基地配備・東町留保地工事の撤回を

【9月議会の一般質問】

入間基地は百万の人の海の中にあります。人口密集地の上空を飛ぶC2大型輸送機は非常に危険です。
配備の撤回を求めたところ、市長は「国防上の必要性に基づくと認識している。配備の撤回は求めないが、配備される前に個別に安全飛行の徹底を求める要望を出すことを考えている」と答弁しました。
 東町側留保地整備に係る工事については入間市民憲章では、一番最初に、自然を愛し、環境のよいまちを作りましょう。また、入間市平和都市宣言には、自然を愛し、緑と清流を守り、平和で自然環境にやさしいまちをのこします、とあります。
私は、市政の根幹にかかわることだと述べ、市民を置き去りにした工事の撤回を求めました。
市長は「防衛省による整備が市の財政負担なしに市民福祉の向上につながるものであり市民にとって価値あるものと思っているため工事の撤回を求める考えはない」と答えました。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.