日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:安道よし子議員
安道よし子議員

3月議会・私の一般質問(就学援助制度・信号機設置)

  就学援助制度の拡充で安心して学べる環境を

 不況の長期化で市民生活は厳しさを増しています。入間市でも個人所得が落ち込む中、教育費が家計を圧迫し、就学援助制度の活用は年々増加しています。

  就学援助の認定基準を拡大し支援を

 私は就学援助の申請増加と共に却下も増加している点を指摘し、認定基準を引き上げて、子どもたちが安心して学べる環境づくりを求めました。
 教育長は、「国が就学援助費を削減させたことが問題」と認めながらも、基準の拡充については、近隣自治体と国の動向をみたいと消極的な答弁でした。
 文科省はクラブ活動費などを就学援助の補助対象に加えています。
 私は、中学生になると教育費が跳ね上がる実態を示し、クラブ活動費を補助対象に加えるべきと質すと、教育長はクラブ活動費などを新たに補助対象に加えた自治体は県内で3自治体のみであり、近隣市の動向をみたいと答えました。

  「柔道着は公費で揃える」教育長が答弁

 教育課程の改定で、中学校で武道が必修になり、入間市では東金子中学校以外は柔道を実施します。私が柔道着は就学援助の対象にすべき。また、導入時は公費でそろえるべきと訴えると、教育長は、「新規導入の学校の柔道着は公費でそろえる方向」と答弁。就学援助の対象に加えたいとも答えました。

  子宮頸ガンなどワクチンの無料接種

 23年度から子宮頸ガンワクチンなどの無料接種事業がスタートします。制度の周知を図り、ワクチン接種を促す取り組みが重要です。
 私は、学校に協力を要請し、ワクチンの有効性や制度の周知を徹底させるよう求めました。ワクチン不足は、7月頃には改善する見通しです。

  グリーンガーデン前に信号機を

 国道463号(行政道路)、グリーンガーデン前の横断歩道は武蔵藤沢駅や商店を利用する人たちが頻繁に往来。その一方、車の交通量も多く大変危険な場所です。
 私は、地域の強い要望である信号機の設置を求めました。
 市長も「交通量が多く、信号機が必要な場所と認識している」と答弁。私が未設置の原因は何か、と質すと市長は、設置場所の確保が課題。早期に設置されるよう努力すると答えました。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.