日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:安道よし子議員
安道よし子議員

「共謀罪」と私たちのくらし
いるま・9条の学び舎 講演会

画像
「共謀罪と私たちのくらし」をテーマに
只今、国会で審議中の「共謀罪」とはどんな法律か・?
平山武久氏(日本平和委員会常任理事)を講師に学習会が行われました。

安倍首相は新たな「改憲」のビデオメッセージを発信し、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と公言。
憲法施行70年の今日、憲法改定が大きな問題になっている中で、「共謀罪」法案が審議入りし、国民には十分に内容が伝わらない中で強行採決されることが懸念されています。
以下は学習会の中で印象にのこっている点です。

政府は、2020年のオリンピック・パラリンピック開催にあたり「テロ対策」のためには必要としていますが、「テロ対策はすでに14年改正のテロ資金提供処罰法によりなされている」と参考人質疑で高山京大教授が陳述しているとのこと。

277に及ぶ罪名についても金田法相は「網羅的に示すのは困難」と答弁拒否。
「個々の分類を明らかにしたら、テロとは無縁の「合意」を広く処罰することが路程するから説明しないのではないか」、「条約締結に不可欠だという政府の説明はごまかしだ」との指摘(仁比参院議員)

刑法の原則を覆す問題や法案第6条2項の「犯罪の実行ではなく準備行為を行った段階で処罰される」内容についての具体的な説明では、一般庶民が対象となる危険性が明らかに。
戦前の密告・内通・裏切りのような疑心暗鬼の暗黒社会がイメージされてしまいました。
 共謀罪法案は廃案にしなければ。みなさん、ご一緒に声をあげましょう。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.