日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:安道よし子議員
安道よし子議員

塩川鉄也衆院議員、梅村さえこ前衆院議員等と共に防衛省に申し入れ
入間基地における平成29年度自衛隊統合演習(実動演習)の中止を要請

画像
10月23日入間市より市議会議員に、平成29年自衛隊統合演習(実動演習)について情報提供がありました。
11月6日から24日にかけて、全国規模の広範囲で実施する自衛隊統合演習が実施されます。演習の参加規模は、1万5000人、車両1,500両、艦艇6隻、航空機170機という大規模なもので、空挺作戦、協同基地警備、武器等防護(高射部隊)、サイバー攻撃等対処、統合後方補給等の実動訓練が実施されます。

入間基地では、8日と12日に統合後方補給訓練(輸送・衛生)が行われるとのことですが、具体的な内容が不明なため、塩川衆院議員を通して防衛省に聞き取りを行いました。

○輸送訓練 8日(水)
 航空自衛隊C130×2により、部隊等(25名)を入間基地から那覇基地へ空輸
・航空自衛隊・・第一輸送航空隊(約15名)
・陸上自衛隊・・中央即応集団(約10名)
○衛生訓練 12日(日)予備日(13日)
・規模
 人員 約90名(模擬患者20名を含む)
 車両 1・1/2トン救急車×3(入間基地〜自衛隊中央病院)
航空機 C130×2(那覇基地〜入間基地)
 CH47×1(入間基地〜自衛隊中央病院)
・場所 与那国島〜那覇基地〜入間基地〜自衛隊中央病院
・展開予定部隊
 航空自衛隊
  第一航空輸送隊(約20名)
  航空機動衛生隊(約5名)
  入間ヘリコプター空輸隊(約10名)
  中部警戒管制団衛生隊(約15名)
 陸上自衛隊
  東部方面衛生隊 患者後送要員(約10名)
  東部方面衛生隊等 模擬患者(約20名)
 自衛隊中央病院
  患者受け入れチーム(約10名)
以上が入間基地で実施される内容です。
明らかに、入間基地が戦争法(安保法制)の実施に直結する戦時の後方支援を行う兵站活動の出撃基地を想定した訓練であり、認める事はできません。訓練の中止を求めました。
訓練予定日には、基地周辺で監視行動と抗議行動を行います。多くのみなさんの参加呼びかけます。よろしくお願いいたします。  



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.