日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:吉沢かつら議員
吉沢かつら議員

入間基地拡張の防衛省による住民説明会に怒!

入間基地拡張についての防衛省の市民説明会に参加しました。

説明会のお知らせの通知がなかった市民も参加させてもらいましたが、質問に対する回答がヒドイ😠

「自分の子どもが基地に隣接する学校に通っている。工事車両が通る所も子どもたちがよく行くところ。なのに説明会のお知らせが自分のところには届かなかった。不安に感じている保護者は沢山いるのに、説明会のことを知らない人がほとんど。防衛省は説明会について『必要最小限』と言っているが『最大限』に説明するべきでは?」

という質問に対する答えは、
「ダンプの交通は確かに広域になる。私たちは市と市議会から出された『近隣住民への説明会開催の要望』を受けて説明会を行った。入間市の開発指導要綱にもとづき工事について影響が心配される住民に声をかけた」と。

「近隣」て、そういう意味じゃないでしょ。
説明会のお知らせを渡したのは、わずか120世帯。
基地拡張の用地は28ヘクタール、東京ドーム6個分ですよ!緑の森を伐採し、しかも土壌汚染があるため土の入れ替えも行うという大規模な工事です。普通の宅地開発とは種類が違う‼️

住民の方が「子どもの安全が心配」と言っているのですから、もっと誠実に対応すべきでしょ😡子どもの安全も守る気ないのでしょうか!

再度の説明会を求めても「開催する考えはない」と言い切る😠

しかも、わずか1時間ほどの説明会。まだ質問したい人がいるのに「会場の時間があるので、最後の質問をお願いします」と一方的に質問を打ち切り、説明者の席に座っていた防衛省職員は非常口からさっさと逃げる‼️

住民を欺く防衛省!国民の命と安全を守る任務にあるのに、こんな姿勢じゃ国民を守れないでしょ❗

本当に国民のための基地拡張なら、正々堂々と住民説明会を開くべき。




〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.