日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:吉沢かつら議員
吉沢かつら議員

高倉小・高倉公民館を廃止!?公共施設統廃合に「ちょっと待った!」

今日、昨日、一昨日と公共施設統廃合の地区懇談会の傍聴に行ってきました。

この3日間で出された市の考えでは、久保稲荷公民館を廃止し扇町屋公民館に統合、東町小学校・中学校を廃止し豊岡小学校・中学校に統合、高倉公民館を廃止し黒須公民館に統合、高倉小学校を廃止し黒須小学校へ統合する方向です!

東町小・中は小中一貫校のモデル校として、その取り組みが文科省でも評価を受け、全国から視察がきています。小中一貫校の問題点は様々あるので、その評価はさておき、入間市が今まで自慢していた取り組みのモデル校を廃止するというのも統廃合の大きな矛盾です。

高倉では、小学校も公民館もなくなります。公共施設は避難所でもありますし、丘陵地帯で交通も不便な高倉に公共施設がなくなるのは大きな問題です。これでは地域が衰退していく一方です。

明日は東金子地区の地区懇談会です。明日は傍聴に行けないのですが、この状況からすると、私の母校の新久小学校が廃止の対象となりそうです。母校に「さようなら新久小・ありがとう新久小」という垂れ幕が下がるのを想像すると、本当に切ない(涙)。

財政が厳しいから、人口が減るからという理由で公共施設をなくせば、地域は過疎化する一方です。公共施設のあるべき姿や、公共施設を活用して市民のくらしや教育、健康を守り発展させる視点、どう人口減少を食い止めるのか、入間市をどういう街にしていくのかという街づくりの視点なども総合的に考えて検討すべきです。

公共施設の統廃合に「ちょっと待った!」をかけないと、大変なことになります!



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.