日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:吉沢かつら議員
吉沢かつら議員

核兵器廃絶・平和を発信する「非核平和都市」の入間市へ

昨年、国連で核兵器禁止条約が採択されました。日本の被爆者をはじめ「核兵器のない世界」を求める市民の取り組みが実を結びました。
 私は、この条約が採択されたことに対する見解を質しました。
 田中市長は「条約の採択は唯一の被爆国であり、平和都市宣言、平和首長会議に参加している自治体として歓迎している」といいながら、「日本が条約にサインするかどうかは、政府が総合的に判断するものであり、見解を申し上げるつもりはない」との答弁に終始しました。
 広島・長崎の被爆者が訴える「被爆者は核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことを全ての国に求めます」という「ヒバクシャ国際署名」に田中市長も署名しました。「市として署名に協力すべき」と質すと「署名は個人の信条によって行われるもので、市として行うつもりはない」と拒否しました。
 この他、危険な牛沢踏切の改良、曇り防止効果のあるカーブミラーの普及を求めました。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.