日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:吉沢かつら議員
吉沢かつら議員

今年もよろしくお願いします

新しい年を迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。
みなさん、今年もよろしくお願いします。

 入間基地拡張工事、公共施設統廃合計画など、今年も大きな問題が山積みです。公共施設統廃合計画では市議会に原案が示されました。
 この計画を市は3月に決定しようとしています。住民の声や運動で、図書館分館が残されるなど一定の修正・改善はありますが、原則9地区に1施設ずつという方針は変わっていません。1月から2月に市民説明会がもたれますが、市民の意見が反映さるのか疑問です。この計画に対して、反対しているのは共産党市議団だけです。
私たちは市民の意見を尊重した街づくりが重要だと考えています。住民無視の計画づくりは許せません。

 入間基地拡張工事では、米軍跡地(工事現場)からPCBの含まれた廃棄物のドラム缶が見つかりました。5月には発見されていたのに、市に報告が入ったのは12月です。報告があまりにも遅すぎます。共産党市議団は、市民団体と一緒に、塩川てつや衆議院議員の協力のもと防衛省に要請書を届けました。
 12月9日には、産業文化センターで基地拡張工事の中止を求める大きな市民集会が持たれました。この市民の声を、市や防衛省は重く受け止めるべきです。引き続き、安保法制と一体の入間基地拡張工事の中止を求めて、市民と一緒に頑張ります。

 今年は参議院選挙の年です。沖縄の辺野古新基地建設、外国人労働受け入れ拡大、水道民営化など、民意無視の暴走政治を続ける安倍自公政治にストップをかけましょう。そのために、比例代表での議席増、埼玉では伊藤岳さんを国会へ送り出すために、私も頑張ります。引き続き、日本共産党へのご支援・ご協力をよろしくお願いします。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.