日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:吉沢かつら議員
吉沢かつら議員

統廃合計画の3月決定は中止を!

昨日、高倉公民館で行われた公共施設統廃合計画の説明会に参加してきました。

結論として「3月決定はやめるべき!」と思いました。

住民からも「原案決定→説明会→市民意見募集→計画決定のスケジュールが急ぎすぎ」との意見が出されました。
このスケジュールで「本当に市民意見を反映できるのか」「そもそも反映するつもりがあるのか」と思う市民の気持ちはごもっともです。

住民が納得できる計画ならともかく、多くの市民(特に学校が廃止の対象になっている地域では)が納得していません。

これを強引に決定したら、行政と市民の間で軋轢が生じます。統廃合問題に限らず、今後の行政運営に大きな支障をもたらすのではないでしょうか。

また危惧することのひとつに「住民同士の分断」がはじまっているということ。
これは本当に残念で悲しいことです。しかもその原因をつくってしまったのが市の計画なのです。

「行政と市民」「市民と市民」の関係が、これ以上拗れないようにするための唯一方法は、
「3月決定を中止する」ことしかないと思います。

市職員みなさんも本当にご苦労されています。(過重労働になっていないでしょうか。心身の健康面も心配です)
だからこそ、ここはトップの英断が必要だと思います。
住民のためにも、職員のためにも。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.