日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:吉沢かつら議員
吉沢かつら議員

一般質問終えました!

今日、一般質問でした。

幼児教育・保育の無償化の課題、公立保育所の統廃合、保育士の処遇改善、子どもの貧困対策についてとりあげました。

一般質問終えたいま、いろいろ言いたいことがる!!
(ということで今日だけツイート、フェイスブック更新多め)

簡単に言うと、こちらの要求や質問に対し、ほぼゼロ回答。

「ねえ!子どもの貧困対策とか本気で取り組んでくれるんすか!!」

とか、思うんデス。

例えば、生活保護利用世帯の子どもが高校卒業すると、生活保護から外されます。
進学をするとなると、自力で学費や生活費をまかなわなければなりません。
そうした人への、国保税の減免を求めましたが、
「税の公平性の確保」を理由に「しない」とのこと。

厳しい生活のなかで、一生懸命勉強して、自分の力で学費・生活費をねん出しながら頑張ってる学生さんに冷たすぎるーー!!
そもそも「18才になったら働け」ていう、生活保護制度がおかしいんだけど、だからこそ支援しないと。

今の日本の現状だと、大学卒業「する」「しない」で、その後の就職や賃金に格差がでます。
貧困の連鎖を断ち切るためにも、進学て重要ですよね。

平成30年度で生活保護利用世帯の高校卒業者は9人、そのうち進学したのは2人です。
市にとっては、減免額なんて大した額じゃないんです。
でも、学生さんにはとって国保税は大きな負担なんです。

ちょっと、ちょっとーー!
もっと弱い立場の人に寄り添う姿勢みせてよーー!!
と思う吉沢なのでした。






〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.