日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:吉沢かつら議員
吉沢かつら議員

文書質問「性暴力の被害から守る体制を」

文書質問において「性暴力等の被害から守るための体制」を求めました。
質問と答弁の一部ですが紹介します。
 
@県の性暴力等犯罪被害専用電話「アイリスホットライン」など被害者の支援体制の現状、相談支援の周知について、A災害避難所における性暴力等の被害に対する認識と、地域防災計画おける対策、男女別避難所の設置などの避難所設営・運営時の配慮について、見解を聞きました。

答弁は
@について
「相談支援の周知については、市公式ホームページへの掲載や、防犯関連行事を開催した際に、犯罪被害者支援関連ブースを設け、啓発品やチラシの配布を行っている。また、庁舎や各公民館等へポスターを掲示するなど、周知に努めている」
Aについて
「市の避難所運営マニュアルにおいて、女性や子育て家庭への配慮としてプライバシーの確保や相談員の派遣、秩序維持として避難所内の巡回や警察官の立ち寄りなどについて記載しており、避難所開設時にはこれらの対応を図っていく」
「避難所運営マニュアルの内容を見直す際には、防犯対策の観点からも加害者を発生させない避難所の環境づくりについて記載することを検討していく」





〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.