日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

「戦争法廃止・ストップ入間基地拡張」集会に150人集う

「ストップ・入間基地拡張市民の会」は11月7日、田中市長が防衛省の要請を受け入れたことに抗議し、撤回を求める集会とパレードを開催しました。

【12月議会へ請願署名を成功させよう】

 集会では「市民の会」代表の小川氏が、「田中市長の防衛省の基地拡張と自衛隊病院建設計画受け入れ決定に、9月30日、満身の怒りを込め抗議し、撤回を求めました。
 防衛省の災害対処拠点施設とは、有事のための基地拡張であり、自衛隊病院は戦時に負傷した自衛隊員を治療する目的の病院で市民は使えない。入間基地拡張は自衛隊の海外派遣の前進基地となることは明らかです。戦争法、戦争出来る国の準備そのもので、市民生活を戦争に巻き込むもので断じて許せません。たたかいはこれからです。12月議会への請願署名を成功させましょう」と訴えると、場内から歓声と拍手が湧きました。

【「基地拡張」ストップへのアピール!】

 「戦争法廃止・ストップ基地拡張市民集会アピール」が満場一致で採択され、パレードがスタート。
 約150人が参加し、「市民の財産を防衛省に渡すな」「災害ではなく有事のための基地拡張だ!」「戦時医療を担う自衛隊病院はいらない」と声をあげました。新しきを知る公園から市役所前を通過し、東町留保地を経由し市役所までの約3キロの道のりをパレードしました。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.