日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

消費税増税に反対・やかん坂の路側帯改善を 小出わたる議員の一般質問

2017年4月に消費税が8%から10%に引き上げられようとしています。
 市民生活も市内経済も破壊する消費税増税は、中止するしかありません。小出議員は、入間市長として市民を守るために消費税増税に反対するよう質しました。

【苦しい人ほど負担が大きい欠陥税制】

 近代税制の原則は、負担能力に応じて税を負担する応能負担です。 消費税は所得が低ければ低いほど負担が重くなる逆進性の強い欠陥税制です。この根本的問題点について認識を質すと市長は「逆進性については、認識しているが、広く浅く負担してもらうことが必要と考える」と答弁。小出議員は、「生活が苦しい人ほど負担が重く、能力の限界を超える負担を強いる税制は欠陥税制である」と重ねて主張しました。

【3年で一世帯18万4千円の大負担増】

 8%から10%への増税で一世帯当たり6万2000円の負担増。 5%から8%さらに10%への連続増税は3年間で一世帯18万4000円もの負担増になることが共産党の国会質問で明らかになっています。「これでは市民生活が破綻してしまうのではないか」と質すと「軽減税率を導入している。社会保障のために増税は必要」との答弁。小出議員は、「軽減では無く単なる据え置きだ。複数税率は、市内業者に大きな負担を強いる。インボイス制度で非課税業者が取引から外される」と強調。
 社会保障のためといいながら他の財源に消費税分を付け替えただけで、医療も介護も年金も削減のオンパレードです。小出議員は、「事実を認識し、市民生活を守るために反対を」と強く要望しました。

【やかん坂・アミーゴ前歩道の改善を】

アミーゴから図書館西武分館に通じる市道の途中にあるやかん坂の北側部分は、路側帯が全くなく歩行者・自転車が通行する際、車道にでなくてはならず、極めて危険な状態です。 改善を都市建設部長に求めると「用地買収を含めて4000万円かかり、すぐに改善するのは難しい」と答弁。小出議員は、アミーゴ前の歩道の段差の解消と合わせて市の事業の中での優先順位を上げることを求めました。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.