日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

4人の新しい共産党市議団で市民の願い実現に全力!

3月の入間市議会議員選挙にむけて、日本共産党入間市委員会は予定候補者として、安道よし子(現)、吉沢かつら(現)、小出わたる(現)、佐藤ただし(新)の4氏を決定し発表しました。石田芳夫前議員は勇退し後継者の育成にあたります。
 昨年の参院選挙では、野党と市民の共闘が実り全国32の一人区で野党統一候補を擁立し、11の選挙区で議席を獲得しました。野党と市民の共闘が政治を前進させており、党の役割が大きくなっています。
 党市議団は、この間市民のみなさんと一緒に運動し中学3年までの医療費無料化や小中学校へのエアコン設置を実現。安倍自公政権が進める「戦争する国づくり」と一体の入間基地拡張ストップの運動も市民のみなさんと一緒に取り組んでいます。くらしを守る日本共産党の4議席を何としても確保させてください。

【石田よしお前議員よりご挨拶】
10期40年間にわたりお世話になりました。行動力が抜群で「いつも全力!アベ政治をただす!」ことが期待できる後継者ができましたので、市会議員を引退します。「佐藤ただし」さんは、秋田県出身でたくさんの仕事の経験があり、庶民的で粘り強い人です。父親が教育長・副市長を務め、地方自治に明るい環境で育ちました。悪政に立ち向かい、市民生活を守る先頭に立てる人であり、みなさんの支援をお願いします。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.