日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

20日に野党共闘市民連絡会が講演会

【入間市民会館で柳澤協二氏が「日本の防衛」をテーマに】

「埼玉9区 安倍政治はイヤだ 野党共闘・市民連絡会」は、5月20日(土)入間市民会館大ホール(午後1時30分開会)で「安倍政治と自衛隊 日本の防衛」と題して、国際地政学研究所理事長の柳澤協二氏の講演会を行います。
 柳澤氏は安倍総理の元参謀でしたが、安保法制や今の安倍政権について厳しく批判しています。

【共謀罪・憲法改悪狙うアベ首相】

 安倍政権は、多数の世論を無視して憲法違反の安保法制=戦争法を強行・施行し、自衛隊を危険な南スーダンへ派遣しました。今国会では、過去に3度も廃案になった「現在の治安維持法」と呼ばれる共謀罪まで、数の力で強引に押し通そうとしています。
 さらに、日本国憲法施行70年という節目の今年5月3日の憲法記念日に、安倍晋三首相は自衛隊を明文化して、憲法を改悪することを明言しました。

【野党共闘で憲法とくらしを守る】

 昨年の参議院選挙では、国政選挙で初めて共闘が実現し、32ある選挙区のうち11選挙区で野党が勝利をおさめました。
 「連絡会」は、衆議院選挙でも野党共闘を進めることを目的としています。平和憲法を守り、貧困と格差をなくし、市民の命・くらしを守るため、多くの参加をよびかけています。

☆柳澤協二氏の主なプロフィール☆
東京大学法学部卒。防衛庁に入庁し、運用局長、防衛研究所所長などをへて、2004年から2009年まで内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)。著書「亡国の安保政策ー安倍政権と『積極的平和主義』の罠」(岩波書店)など多数

※埼玉9区 安倍政治はイヤだ 野党共闘・市民連絡会
●衆議院埼玉9区に属する市町村(入間市・狭山市・飯能市・日高市・毛呂山町・越生町)の有志らで2017年1月に結成された市民連絡会です。
個人・団体問わず「安保法制廃止・憲法守ろう・野党は共闘」をスローガンに、衆議院選挙での野党共闘を求めて運動を進めています。

※当日は、日本共産党衆議院埼玉9区予定候補の神田三春さんや各野党代表もあいさつします。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.