日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

東町跡地造成工事前に市民説明会の開催を 安道よし子議員の一般質問

29年度国防予算の入間基地関連は、C2電波情報収集機配備に向けた経費が約23億3千万円。東町側留保地造成等経費が約9億6千万円です。基地拡張に向け事業が動き出します。

【「オオタカ」飛翔の豊かな森が伐採】

 安道議員は、東町地区造成工事着手に向け実施された土壌調査と植生調査について質すと、市長は、「土壌汚染対策法に基づく調査で、86カ所から鉛汚染が検出され、汚染土壌は取り除く」と答弁。植生調査では、絶滅の恐れのある希少野鳥の「オオタカやハイタカ」等の飛翔が確認されており、植物でも希少植物約30種を博物館に移植したと答えました。安道議員は、「豊かな動植物が生存する市街地の貴重な森は守るべき」と、市長の姿勢を正しました。

【8月までに説明会を実施すると答弁】

 安道議員が、造成工事着手前に説明会を実施するよう求めると、市長は「8月までには説明会を開催したい。誰でも自由に参加できる」と答えましたが、日時や場所等は不明です。市民の不安や疑問に答える場として広く周知し多くの市民が参加できるようにすべきです。

【落雷による爆発事故の真相公表を】

 東京新聞が報じた入間基地内の落雷事故の真相について市長に質すと、「爆発事故の認識はなかった。防衛省の説明と異なる。西部消防組合に説明を求める」と答弁。安道議員は、「真実を封じる防衛省の隠ぺい体質は問題。市は抗議し、真相を究明し公表をすべき」と訴えました。

【「入学準備金の入学前支給」を検討する】

 国の就学援助制度の改善を受け、小学校でも入学準備金の前倒し支給を安道議員が求めると、教育長は「入学準備金が増額されたことを受け、市でも準備金を増額した。国の改善を受け、中学校に続いて、小学校でも入学準備金の前倒し支給を検討したい」と前向きな答弁でした。

【「道路照明灯の設置に向け検討」と答弁】

 富士見通りから扇町屋団地を抜ける通りの安全対策として@交差点に信号機の設置A道路照明灯の設置を求めました。道路照明灯は設置を検討するとの前向きな答弁でした。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.