日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

6月議会報告・入間基地内の落雷で「爆発事故」真相公表を!

昨年8月18日に発生した、入間基地内の落雷事故は、「爆発事故」と東京新聞が報道。埼玉西部消防の「火災原因判定書」で明らかに。これまで防衛省は「単なる落雷。白煙と油臭はしたが、漏油や火災はない」と説明してきました。
 党市議団は、直ちに「火災原因判定書」を入手し、落雷による火災原因等を確認しました。判定書では、「点検ピット1・2のマンホールふた及びマンホールふた枠部分から電気的スパーク痕並びに溶融箇所があり、火災原因は落雷。漏油の事実からもJP4の可燃性蒸気に引火したと推定。出火原因は、落雷により放電し、JP4の可燃性蒸気に引火、爆発した」と記されています。
 市長は埼玉西部消防から情報を収集し真相究明を行い、防衛省の爆発事故を隠してきた隠ぺい体質に抗議すると共に市民の「安心・安全を守る対策」を防衛省に強く求めるべきです。
基地周辺には、公共施設や住宅地が広がっています。自治体の首長は、市民の平穏な暮らしを守る先頭に立つべきです。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.