日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

公共施設統廃合の説明会が終了拙速な計画づくりはやめるべき

公共施設マネジメント計画(公共施設統廃合)の市内9地区で開催された地区懇談会の全日程が終わりました。これを受けて3回目となる住民説明会が各地区で行われ、11月6日に終了しました。

【統廃合計画の住民への周知が不徹底】

 説明会は市ホームページ、市報や公民館だよりなどでお知らせしたものの、ほとんど市民に知られていません。この間行われた住民説明会は、参加者が少ない状況が続きました。
 しかし、統廃合問題について市民団体が独自のチラシを配布し住民にお知らせをした高倉公民館の住民説明会には、小さな子どもを連れた夫婦などが集まり、市が用意していた資料や座席が不足するほどの参加者が訪れました。

【「学校をなくさないで」の声が続々と】

 市の案では、高倉公民館は黒須公民館に統合・廃止、高倉小学校は黒須小学校に統合・廃止、豊岡保育所、黒須保育所、高倉保育所はひとつに統合される計画です。
 市が説明を終え、意見交換になると次々と住民から意見が出されました。「高倉から小学校、公民館、保育所もなくなる。高倉が『排除』されたようで心情的に受け入れられない」、「学校が近くにあり、いい所と思い10月に引っ越してきたばかり。学校がなくなると聞いて驚いている」、「高倉から学校も公民館もなくなると、この地域が衰退してしまうのではないか」「災害のこと、子どものことを考えても学校は残してほしい」など、高倉の公共施設を残してほしいという声が住民からたくさん出されました。

【住民に周知し意見を聞いて見直しを】

 市は、統廃合計画を知らない人や反対の声がたくさんあるなかで、この計画を拙速にすすめることはやめるべきです。市は再度、この計画の周知徹底と住民意見をよく聞き、そのうえで計画を住民本位のものに見直すべきです。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.