日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

市内循環バス「てぃーろーど」が再編・3地区に小型車「てぃーワゴン」導入

1月30日から市内循環バス「てぃーろーど」等の再編が行われました。その前日には、市役所駐車場で新しく導入される「てぃーワゴン」のお披露目・試乗会が行われました。

【「市地域公共交通網形成計画」を策定】

 市では、平成28年に入間市地域公共交通協議会を立ち上げ、入間市にあった公共交通網について話し合い、「入間市地域公共交通網形成計画を策定しました。この計画にもとづき「てぃーろーど」等の再編を行うことになりました。
 市議会でも同時期に公共交通特別委員会が設置され、公共交通のあり方について議論を重ね、市に要望を行ってきました。

【健康福祉センター行き乗降車可能に】

 再編に伴い、これまで運行されていた「てぃーろーど」のうち東西コース(入間市役所〜原今井)は路線バスとの重複をさけるため廃止されますが、これまで直行便だった健康福祉センター行きバスは途中での乗降車ができるようになりました。
 1月30日からの「てぃーろーど」は、北コース(入間市役所〜入間野田モール)、南コース(入間市役所〜やまゆり荘)、健康福祉センターコース(入間市駅〜健康福祉センター)の3コースになりました。
 さらに、東金子地区、金子地区、宮寺・二本木地区の3地区では、ワゴン車タイプの「てぃーワゴン」が導入されました。車両が小型化され、細かいルートでの運行が可能になり、バス停以外でも降りることができる「自由降車方式」となっています。(乗車はバス停のみ)

【70才以上は無料から1回100円に】

 これまで無料だった70歳以上の方の特別乗車証での利用は、今回の再編に伴い、1回100円、1日乗車券200円に有料化されました。(障害者等の無料は継続)これに対し、共産党市議団は、高齢者のくらしや外出支援の立場から無料乗車証の継続を求めています。

※特別乗車証について
●市内に住所を有する70歳以上の高齢者
●市内に住所を有する下記に該当する方
(1)身体障害者手帳をお持ちの方(2)療育手帳をお持ちの方(3)精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方(4)難病者の方
 市役所、支所等で発行しています。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.