日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

市民に寄り添った収税を・図書館の学校複合化中止 小出わたる議員

入間市では税金の滞納による差し押さえの件数が、平成25年の567件から29年には1497件と短期間に3倍近くになっています。滋賀県野洲市では、生活再建が、今後の納税に結びつくという考えにもとづき、自治体挙げて生活再建の手助けをしています。そうした方向に転換するように質すと市長は「公平の原則でやむをえない」と市民に寄り添う姿勢を示しませんでした。
 学校統廃合にともなう図書館と学校の複合化について「今ある図書館をなぜ学校に入れなくてはならないのか」と質すと「分館の複合化はすぐに行うわけではない」と答弁。当面複合化しないということかと質すと「学校の統廃合の際に検討する」との答弁。
 仏子地区の前堀川・大沢川の川床の土砂の除去については、除草については実施するとの答弁しました。
 八池団地から旧グリーンロッジへ抜ける遊歩道の防犯灯の改修については、遊歩道再開通までに実施との答弁を得ました。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.