日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

小出わたる議員の一般質問

【野田中廃校ストップ・消費税ノー・入間川沿いの道の改善】

公共施設統廃合計画が3月に確定されれば、野田中学校が3年後の2022年に廃校されます。この計画に多くの住民から反対の声が上がっています。小出議員が「通学距離が長くなるから自転車通学してもらうとしているが、中橋・上橋とその周辺は大変危険で、この通学路の安全が確保されない限り、計画を進めるべきではない」と質すと市長は「通学路の変更も検討してもらう」などと全く生徒に寄り添わない姿勢を示しました。
 「今年10月に消費税を増税すれば市民生活が破たんしてしまう。増税反対の姿勢を示すべき」と質すと「社会保障の財源として消費税増税が必要」と答弁。大企業・大資産家の応分の負担で財源はできます。
 入間川氾濫の危険への認識を質すと「すぐに氾濫するとは考えていないが可能性はある」と答弁。西武公民館前川沿いの道路の改善を求めると「拡幅は考えていない。必要があれば改修は行っていく」との答弁でした。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.