日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

吉沢かつら議員の一般質問

【公民館などの公共施設廃合計画の3月決定は中止を】

吉沢議員は、統廃合が進められる公民館の役割について質問しました。公民館は、戦後に民主主義と新憲法の精神を具現するための施設として設置されました。この点について質すと、市は「社会教育法に基づいて設置された施設。地域住民のための社会教育施設である」と答えました。
 公民館は公共施設統廃合計画で地区センターとなります。「社会教育法に基づく施設の機能と役割はどう担保されるのか」と質すと、「具体的な協議は今後していく」との答弁でした。
 統廃合計画の市民説明会で、市は人口が2060年に約9万人に減ると説明していましたが、市の目標人口は12万人です。行政が二つの数字を使いわけるのは、ごまかしです。市長は「市民に誤解を与えた。確かに目標は12万人だ」と答えました。
 統廃合よりも人口減少をくい止めるまちづくりを優先すべきです。市民からも統廃合に反対の声があがっており、3月の計画決定はやめるべきです。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.