日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

6月定例市議会が4日に開会

6月定例市議会が5月24日に告示され、6月4日に開会します。
 専決処分、人事案件、条例改定、市道路線の認定、契約の締結や補正予算など、19議案が市から提出されました。

【国保の法定軽減の対象者の拡大】

 昨年4月から国保の都道府県化がスタート。政府は、都道府県化の措置として毎年3千4百億円の公費投入を行うとしており、4月1日から国保税の法定減額措置の拡大が図られます。拡大の対象は5割と2割軽減の世帯に留まります。
 5割軽減の判定所得は33万円+(27万5千円×被保険者数)から33万円+(28万円×被保険者数)に、2割軽減は33万円+(50万円×被保険者数)から33万円+(51万円×被保険者数)に拡大されますが、7割軽減の基準は拡大されません。
 この間、国保税の値上げが続き、国保世帯からは「高過ぎて払えない」等の声が寄せられています。3千4百億円の公費投入では不十分。国保の構造的問題は国の責任で行うべきです。日本共産党は全国知事会同様に1兆円の公費投入で協会けんぽ並に国保税を引き下げることを提案しています。

【介護保険料の低所得者軽減措置】

 介護保険料は昨年改定されましたが、4月1日施行の法改正により、所得の少ない被保険者の保険料が軽減されます。 対象となるのは第1段階から第3段階までで、第1段階で4千4百円、第2段階は7千4百円、第3段階は1千5百円の減額となります。

【産業文化センター改修工事の着手】

 産業文化センターホール等改修工事の請負契約が締結されると、今年7月から2020年9月まで産業文化センターの改修工事の期間になります。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.