日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

小出議員の一般質問

10月の台風19号で、仏子の下川原地域では、側溝の入間川への放水口が、増水のために水没し、多量の水が溢れ被害をもたらしました。
また、大沢川、前堀川などの支流に土砂が堆積し、増水のたびに危険な状況になっています。根本的な解決のためには、入間川の流量を増やすための河床掘削が必要です。その点について質すと、市長は「河床掘削については、今回の被害を受け、国や県土事務所に求めていく」と答弁。今回の避難所として 西武地域の入間川の北側では野田中学校だけが機能しました。公共施設マネジメント計画では、10年後には野田中が廃校にされる計画です。大雨時の避難所としての野田中が必要であることを質すと、市長は「学校と避難所の問題は別のものである」と答弁。「大雨時の避難所の確保が出来るまでは、野田中の機械的な廃校は進めるべきではない」と主張しました。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.