日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

新年度一般会計予算、特別会計予算

新年度入間市一般会計予算、特別会計予算の編成にあたる施政方針で市長は、従来通り「世界経済の影響により、輸出や生産の一部に弱さがみられる」また「中国経済の減速、米中通商問題、英国のEU離脱問題が世界経済に与える影響、消費税率の引き上げに伴う個人消費などの動向が危惧され、景気の先行きが不透明」としながらも「オリンピック・パラリンピックによる経済効果や国の政策効果などにより、地域経済の成長が実感できる景気回復」に期待を寄せています。
 一般会計は前年度対比4.3%増の439憶5千100万円で主な内訳は消費税10%増税により地方消費税交付金が29憶5千800万円に増額の一方で、法人市民税(法人税割)は前年度対比30・8%減。配当割交付金、株式等譲渡所得交付金等も減額となっています。
 特別会計では国民健康保険特別会計は「年齢構成が高く医療費水準が高い」「所得水準が低く保険税の負担が重い」などの構造的課題を抱え、法定外繰入金の投入が必要ですが、前年度対26・1%減となっています。後期高齢者医療特別会計では2年に一度の保険料改定が示されます。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.