日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

コロナ対策の6月定例市議会が閉会
補正予算に新型コロナウイルス感染症対策費が盛りこまれる

6月定例市議会が6月26日に閉会しました。新型コロナウイルス感染症に関する代表質問が行われ、専決処分、人事案件、規約、条例、一般議案、補正予算、追加議案も含め全ての議案が可決成立しました。
 補正予算(1号・2号)専決処分においては、特別定額給付金給付事業費補助金、新型コロナウイルス感染症対策地方創生交付金等、155億円程が追加され、最終的には補正予算(3号・4号)の追加があり、予算現計額439億5100万円が、歳入歳出予算の総額599億7725万5千円となりました。
 1人あたり10万円の特別給付金給付事業費補助金は147億円あまりで、給付事業を東京にある民間会社に委託し、事務費として約1億3千万円が計上されました。
 いるま子育て応援特別給付金事業は、子育てに関わる生活支援として、国の特別定額給付金の基準日を過ぎて生まれた新生児を対象に、一人につき10万円を支給するものです。
 入間市税条例の一部改正で新型コロナ感染症緊急経済対策における税制上の措置に伴う改正がありました。徴収猶予の特例では収入が減少した場合に、無担保・延滞金なしで1年間徴収猶予できる特例措置です。
 入間市介護保険条例の改正により第1号被保険者のうち第1第2第3段階の保険料が軽減されます。
 保険料が軽減されるのは約1万2千人となります。
 今回の補正予算では、医療・教育・小規模事業者支援など様々な新型コロナ対策が盛り込まれていますが、感染拡大が続いている中、継続的な市民への支援が求められます。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.