日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
明日のいるま

安道議員の一般質問

【市庁舎整備は中止を・来年度国保税率上げない】
市は「庁舎耐震化にPFI導入の方向」を公表。PFIや民間活用等の説明を求める市民の声への対応を質すと、市長は、「報告書を受けPFIが有効と判断した。民間活力の、方向性が見えたところで説明する」と市民参加に後ろ向きの答弁。庁舎整備にPFI導入の自治体は少数。PFI導入は慎重であるべきと指摘し見直しを求めました。
 コロナ後の市財政の見通しを質すと、市民税・法人税・固定資産税・各種交付金共に大幅減収の見込みで今後の財政見通しは厳しいとの答弁。負担の大きい庁舎整備は中止し、コロナ対策や市民のくらしに経費を投入すべきと質すと、「今こそ庁舎整備を進めたい」との市長答弁でした。
 コロナ対策の国保税減免の活用状況は、5月からの4ヶ月で申請が148件・決定が122件。国保税の子どもの均等割り廃止をも求めました。来年度の国保税率改定について質すと、「来年度は税率を引き上げない」との答弁を得ました。




〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.