日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:小出わたる議員
小出わたる議員

オスプレイ横田配備について塩川衆議院議員と外務省と防衛相のレクチャー。

 13日は、永田町の衆議院議員会館でオスプレイ横田配備に関してのレクチャーに参加しました。
 塩川議員はじめ、梅村衆議院議員、井上参議院議員、所沢、飯能、狭山、入間の市議会議員、平和委員会などのメンバーが参加。
 私たちの質問に対してオスプレイの飛行ルートも訓練内容も「全く分からない」と外務省・防衛相の役人は答えました。
 わかっていてしらばっくれているとしか思えません。
 日本側に何も知らせないで一方的に「横田配備」を「通告」しただけのことです。
 「何も内容がわからないで受け入れるのか」との質問に「安保条約で施設及び区域を利用することが決められている」との全くの対米従属の回答。
 私が、横田のオスプレイが、自衛隊入間基地に来ることがあるのか、と聞くと「わからない」災害対処拠点がジョンソン基地跡地に造られたらそこに来るか、と聞いても「わからない」
 感じとしてはあきらかに「来る」
 、入間市の「災害対処拠点」「自衛隊病院」にアメリカの戦争肩代わりをする「戦争立法」がはっきりとリンクして、入間市にオスプレイが飛来する動きが進んでいるのが明らかです。
 
 入間市が戦争する国造りのまん真ん中に置かれようとしています。
 
 「災害対処拠点」「自衛隊病院」でアメリカの戦争を自衛隊が肩代わりするお先棒を担がせてはなりません。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.