日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:小出わたる議員
小出わたる議員

「台風9号による豪雨被害に関する緊急申しいれ」を市長に提出

 入間市史上かつて無い豪雨により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
 共産党市議団は、豪雨被害への入間市の対応について申し入れを行いました。以下がその全文です。
                             2016年8月26日

入間市長 田中龍夫様

台風9号による豪雨被害に関する緊急申しいれ
 
 22日の台風9号による集中豪雨は1時間120mmという記録的な大雨となり、市内では不老川、霞川の氾濫、護岸崩壊など甚大な被害がでました。家屋・敷地の浸水、護岸崩壊と建物倒壊の危険による避難者がでるなど、市内の被災世帯はかつてない数になっています。今後も台風・豪雨が予想されることから被害が広がることも懸念されます。避難者においては、避難生活が長期化することが予想されます。1日も早い生活再建、生業再建がおこなわれるよう市独自の支援策の創設など行政の支援が求められています。そこで、今後の対策について以下の通り緊急に申し入れを行います。

1、災害救助法、被災者生活再建支援法の適用申請を県に要請すること
2、避難者については生活再建されるまで、住宅確保など支援を尽くすこと
3、被災世帯への助成金、見舞金などを抜本的に改善し、財政支援を行うこと
4、被災ゴミの処理については、収集車による無料の回収を行うこと
5、被災物の消毒は業者への依頼を含め、市が責任をもっておこなうこと
6、住宅被害認定は目視等による簡易認定で速やかに行い、罹災証明書の発行を速やかに行うこと
7、河川の緊急補修工事、土のうの確保と配布を県と連携し速やかに行うこと
8、農業・営業被害を把握し、生業再建への支援を行うこと
9,生活再建に不可欠な車両の被害については、購入・修理への補助を行うこと
10、被災者については税・保険料・福祉サービス利用料の災害や生活困窮等を理由にした減免を適用すること
11、県への被害状況の報告は、きめ細かく速やかに行うこと

 市での対応については、入間市のホームページをご覧頂くか、市役所04−2964ー1111まで直接お問い合わせください。
 また、共産党市議団は、みなさんの声を直接市に届けて問題解決に力を尽くしますので、お困り毎等ぜひ共産党入間市議団までお寄せ下さい。
 よろしくお願いします。




〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.