日本共産党入間市議団 市民こそ主人公!福祉とくらし守る市政を
写真:小出わたる議員
小出わたる議員

総括質疑と常任委員会が終了。次は一般質問。

12月議会が始まっています。
 月曜日には、総括質疑があり、火曜日には、私の所属する総務常任委員会がありました。
 総括質疑では、指定管理者の指定に関する議案について質疑しました。
 市民会館、産業文化センター、農村環境改善センター、黒須保育所、体育施設などの指定管理についてなのです。指定管理は、自治体のアウトソーシングで、「経費削減」と「サービスへの民間活力」などとうたっていますが、管理を請け負うのは、民間企業でもうけをあげるには、人件費を削減しなくてはなりません。質疑ではその辺が明らかになりました。
 常任委員会ではマイナンバー使用範囲を拡大する条例に反対しました。
 マイナンバーは、国が社会保障削減を最大の目的に導入したものです。莫大な個人情報が、一元化され、常に個人情報のだだ漏れの危険が伴います。諸外国では導入後、廃止する例がいくつもあります。
 国家による国民総監視社会を許さないためにマイナンバー廃止を主張しています。
 次は一般質問です。市庁舎建て替えと公共施設の統廃合、小谷田ガーデンハイツの周りのさびたガードレールの改修、県道入間富岡線宮岡協会前の歩道設置を求めて質問します。
庁舎は耐震化を理由に立て替えが進もうとしています。まだまだ、庁舎は使えるのではないでしょうか。今の庁舎を使えるだけ使って、耐震化は耐震工事で対応して、税金の投入は最小限にすることを求めていきます。
 入間市を9地区に分けそこに小学校も中学校も一校ずつ、公民館も一つずつ、11ある公立保育所を6にしてしまう計画が確定してしまえば、いくら地域で話し合うといっても統廃合の方向は確定することになります。
 地域と行政、地域同士が分断してしまうのではないでしょうか。



〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1 入間市役所内 TEL:04-2964-1111
Copyright(c)2006-2009 日本共産党入間市議団 All rights reserved.